株ブログ はっしゃん式 長期株投資

月次情報と理論株価の分析をライフワークに「スロートレード」を実践しています。

<2001.09.11>NY同時多発テロの暴落

calendar

reload

<2001.09.11>NY同時多発テロの暴落

はっしゃんです。

発掘チャートのエントリーは、
様々な銘柄の記憶に残すべき場面を
株価チャートで再現して
振り返っていただこうという企画です。

今から、ちょうど17年前の今日。
2001年9月11日に発生したNYテロは、
株式投資に取り組んできた中でも、
恐怖を覚えた数少ない局面として、
今でもはっきりと覚えています。

スポンサーリンク

同時多発!旅客機テロの衝撃

日本市場が終わり、夜テレビでWBSを見ていると、
2機の旅客機が相次いでワールドトレードセンタービルに突っ込み、
続いてペンタゴンにも旅客機が突入。

さらに何機かの旅客機がハイジャックされて消息不明となり、
ホワイトハウスに向かっているとかいないとか・・・

旅客機が突っ込んだワールドトレードセンタービルは、
黒煙をあげて炎上して二棟とも倒壊し、
犠牲者は多数。逃げ惑う人々。

newyork

NYテロ後の日本市場

NY市場の取引停止

その日、NY市場は終日取引停止となり、
翌9月12日(水)の朝、日本市場がスタート。
あまりに想定外すぎる状況に、
「え、本当にやるの?」
「取引停止が妥当」
「損するだけやん」
という感じ。

さらに、この日はなんと、
値幅制限が半分
という条件付きでの取引開始。

はっしゃんが投資してきた中、
このルールが適用されたのは、この時だけ。
ほとんどの銘柄がストップ安売り気配となり、
まさに修羅場の1日。

■日経平均 日足チャート 09/12(水) 9,610円 -683(-6.63%)
d1001_20011231

NY市場の再開と回復

アメリカ

NY市場が再開したのは翌週の17日(月)から。
再開直後は、7%超の暴落でしたが、
約2ヶ月で全値を回復しました。

NYテロ前: 09/10 9,605.51ドル
NYテロ後: 09/17 8,920.70ドル -685(-7.12%)
全値回復: 11/09 9,608.00ドル

最終的な犠牲者は約3,000名。
この9.11を境に世界は少し変わり、
テロとの戦争や自爆テロが生々しく
クローズアップされましたが、
市場への影響は限定的でした。

日本

日本市場もNY市場の再開とともに、
少しずつ落ち着きを取り戻していき、
NY市場より一足早い1ヶ月後には、
テロ前水準を回復しています。

NYテロ前: 09/11 10,293円
NYテロ後: 09/12 9,610円 -683(-6.63%)
全値回復: 10/09 10,347円

NYテロやブラックマンデーの教訓から、
暴落では慌てて売らず、嵐が過ぎるのを待て
という言葉も耳にするようになりました。

大成火災の一発退場劇

そんなNYテロから2ヶ月あまりが
経過した2001年11月21日。
日経平均はテロ前水準を回復しており、
大成火災の株価は400円でした。

翌朝の22日、同社はNYテロの
再保険の支払いによる債務超過転落を発表し、
突然、会社更生法を申請します。

同社の売買は終日停止となって、
23日からは整理ポストに割り当てられる
まさに一発退場となりました。

■8765 大成火災 週足チャート NYテロから上場廃止まで
8765

株価は翌日からストップ安で
売り気配のまま値が付かない状態となり、
11/27に5円で寄り付きましたが、
最終的には1円で終了。

NYテロの影響の大きさを物語る
エピソードの1つですが、
青天の霹靂の退場劇でした。

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマン・ショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

ブログランキング

ブログランキング順位を確認する
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

この記事をシェアする

プロフィール

はっしゃん

はっしゃん

50歳エンジニア兼業投資家。金融資産2億円に到達。月次情報と理論株価の分析をライフワークに、ストレスのかからない「スロートレード」を実践しています。