株ブログ はっしゃん式 成長株Watch


四季報で見つけた右肩上がりの成長株50社を厳選し、長期投資の有意性をランキング検証するブログ

スポンサーリンク

<組入日別>成長株ランキング投資状況 (2020/01/18)


経過報告

スポンサーリンク

今日で成長株ランキング開始から
半年が経過しましたので、
成長株50社への投資状況について
組み入れ日ごとに確認します。

成長株ランキングについて

成長株ランキングでは、
業績と株価が連動している
成長株への長期投資をテーマに
銘柄セレクトしています。

スポンサーリンク

四季報速読からの候補ピックアップから、
組み入れ選択・除外判断までを
可能な限りオープンにし、
投資成績をランキング形式で
日々更新しています。

2019/06/18追加グループ (23銘柄)

投資成績:22勝1敗 (平均上昇率+44.8%)

2019年6月に四季報2019夏号の
47銘柄からスタートした
成長株ランキング企画ですが、
半年後も残っている銘柄は23社になりました。

6920 レーザーテク 210.40%
6200 インソース 99.00%
7564 ワークマン 93.50%
6035 IRジャパン 89.00%
4686 ジャスト 81.30%
2471 エスプール 64.60%
3830 ギガプライズ 57.70%
3038 神戸物産 53.60%
4800 オリコン 49.10%
6750 エレコム 34.80%
7780 メニコン 34.80%
7741 HOYA 33.00%
2384 SBSHD 29.80%
6861 キーエンス 27.70%
2412 ベネ・ワン 21.30%
9416 ビジョン 13.40%
4348 インフォコム 13.30%
2130 メンバーズ 10.50%
2317 システナ 8.70%
3836 アバント 6.50%
6544 Jエレベータ 4.90%
2180 サニーサイド 1.90%
7518 ネットワン -9.00%

レーザーテックを筆頭に
生き残ったメンツは精鋭揃い。

上位8社までが+50%超えで、
平均上昇率は+44.7%になっています。

唯一のマイナスがネットワン。
巻き返してもらいたいものです。

2019/09/30追加グループ (7銘柄)

投資成績:7勝0敗 (平均上昇率+19.4%)

2019年9月の四季報2019秋号からの
組み入れ組です。

4369 トリケミカル 58.40%
6834 精工技研 22.60%
1717 明豊ファシリ 22.10%
9698 クレオ 19.20%
3671 ソフトMAX 7.90%
9782 DMS 4.20%
9983 ファストリ 1.60%

トリケミカルを筆頭に
全銘柄プラスで平均上昇率は+19.4%
となっています。

スポンサーリンク

2019/11/15追加グループ (7銘柄)

投資成績:7勝0敗 (平均上昇率+27.1%)

同じく2019年9月の四季報2019秋号からの
ピックアップで決算発表後に組み入れたグループ。

3854 アイル 66.60%
6096 レアジョブ 54.90%
6095 メドピア 24.10%
1431 リブワーク 16.90%
4519 中外薬 15.10%
6800 ヨコオ 6.50%
2175 エスエムエス 5.80%

短期間でアイル、レアジョブが大きく上昇。
平均上昇率は+27.14%と9月組を
上回る好成績になってます。

四季報だけで判断するより、
決算を確認して投資した方が
好成績になるのかもしれません。

2019/12/30追加グループ (13銘柄)

投資成績:7勝6敗 (平均上昇率+1.0%)

2019年12月の四季報新春号から。
まだ2週間なので差異も少なめ。

3697 SHIFT 12.40%
9889 JBCCHD 9.10%
3563 スシローGH 6.40%
9621 建設技研 5.10%
4356 応用技術 4.50%
6098 リクルート 3.40%
4307 野村総研 0.20%
9873 日本KFC -0.20%
8117 中央自 -0.30%
1952 新日空調 -3.10%
6062 チャームケア -5.00%
8111 ゴルドウイン -7.30%
3678 メディアドゥ -11.20%

上昇率トップはSHIFT。
何社かタイミングを誤った感じに
なっているものもあります。(汗)

成長株投資は決算ギャップアップ狙いで、
保有期間が長くなるほど、
企業価値が高くなることが期待されます。
まだまだこれからですね。

除外銘柄グループ (27銘柄)

投資成績:6勝21敗 (平均上昇率-2.4%)

参考までに除外銘柄が
その後どうなっているかも
確認してみました。

数字は除外時点のものではなく、
除外せずに現在まで持続していたら
という仮の数値です。

6195 ホープ 54.10%
3135 マーケットE -14.90%
4333 東邦システム -7.90%
3983 オロ 46.20%
3923 ラクス 42.60%
4921 ファンケル 11.10%
7476 アズワン 8.00%
4587 ペプドリ 2.70%
9984 ソフトバンクG -1.00%
8056 ユニシス -2.60%
6078 バリューHR -3.80%
6533 オーケストラ -4.00%
4722 フューチャー -4.90%
3969 エイトレッド -6.00%
4397 チムスピ -8.10%
9450 ファイバーG -9.10%
6099 エラン -9.20%
9279 ギフト -11.10%
3479 TKP -18.20%
4384 ラクスル -20.80%
6067 インパクト -30.40%
3665 エニグモ -31.70%
2326 デジアーツ -36.40%

除外銘柄の除外理由には、

・成長期待のシナリオが変わった
・エントリーを誤って含み損になった
・株価が企業価値以上に大きく上昇した

などが混在しています。

ピックアップ銘柄への集中投資について

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ