株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

新型コロナウィルス中国での感染拡大と川本産業10連続ストップ高


発掘チャート
ウィルス画像

スポンサーリンク

2019年12月、
中国の武漢で発生した
新型コロナウィルス肺炎は、
1ヶ月あまりで中国全土に波及。
世界的な流行へ拡大しました。

1月30にはWHOが非常事態を宣言
2月28日には世界レベルの危険性を
4段階の最高レベルに引き上げ、
3月12日にはパンデミックを宣言するに至りました。

この記事では、個人投資家の視点から
中国での新型コロナウィルス感染数、死亡数の推移と
初期にコロナ銘柄として注目された
川本産業の値動きについてまとめます。

新型コロナウィルス中国の状況

2019/12/08 武漢で新型肺炎を確認
2020/01/01 華南海鮮市場を閉鎖
2020/01/09 死亡1人
2020/01/22 死亡10人
2020/01/23 武漢を封鎖
2020/01/27 団体海外旅行を禁止
2020/01/28 死亡100人超
2020/02/01 感染10,000人超
2020/02/03 中国市場が取引を再開し-7.7%の下落
2020/02/06 死亡500人超
2020/02/11 死亡1,000人超
2020/02/13 感染50,000人超

新型コロナの爆発的増加には、閉鎖空間・多数の高齢者や基礎疾患者の条件が揃った
ホットスポットが大きく影響しています。武漢では病院でした。
日本、アメリカとも1週間で10%以上の
暴落となったコロナショックについて解説します
日本と世界各国の感染、死亡状況について
まとめたページはこちら

武漢ウイルス研究所起源説

新型コロナの起源をめぐっては、
当初から華南海鮮市場の近くにある
武漢ウイルス研究所から流出した
という説が燻っていました。

最近はアメリカのトランプ大統領も
この説について言及しており、
中国に責任を取らせると明言しています。

アメリカ国内でもコロナウイルス禍は
当初インフルエンザ程度だとしたトランプ氏の
楽観論が多数の感染者と死亡者を招いた
という批判が高まっており、
中国に責任を転嫁する狙いもある
と見られています。

中には、ウイルス研究目的だけではなく、
生物兵器だったという説まであり、
中国とアメリカの関係に新たな亀裂が
入ったと見ることができるでしょう。

ちなみに、この説では、中国が当初コロナを
隠蔽したのは、生物兵器であることを
隠す必要があったためとされていますが、
これが事実であったとしても
中国が認めることはないでしょう。

米中が本気で戦えば第三次世界大戦。
それも核戦争になるわけですから、
トランプ氏にもそこまでの覚悟はなく、
国民を納得させる賠償金を得ること
目的という気がしますけどね。

さて、真相はいずれ明らかになるのでしょうか?

スポンサーリンク

発掘チャート<3604>川本産業10連続ストップ高

新型コロナショックでは、
大型株や成長株が大きく値下がりするなかで、
一部の特需銘柄が大きく値上がりしました。

その代表が10連続ストップ高を記録した
マスク製造の川本産業です。

■新型コロナショック10連続ストップ高の川本産業の株価チャート

新型コロナショック10連続ストップ高の川本産業の株価チャート

■株価推移
2020/01/17 591円
2020/01/20 691円 *1日目
2020/01/21 791円 *2日目
2020/01/22 941円 *3日目
2020/01/23 1,091円 *4日目
2020/01/24 1,391円 *5日目
2020/01/27 1,691円 *6日目
2020/01/28 2,091円 *7日目
2020/01/29 2,591円 *8日目
2020/01/30 3,095円 *9日目
2020/01/31 3,795円 *10日目
2020/02/03 3,095円

川本産業は、新型コロナウィルスで
初の死者が確認された翌日から上昇を開始。

1月20日からはストップ高となり、
ウィルス感染が深刻化していくなかで
騰勢を強め、連続ストップ高を達成しました。

株価は1月末には10連続ストップ高で、
ストップ高前の6.4倍まで上昇。
初動からは8倍超の上昇になりました。

マスクは飛ぶように売れ、
店頭から姿を消しましたが、
このような特需に継続性はなく、
企業価値そのものが8倍に
なったわけではありません。

投機的なマネーゲームですが、
社会混乱的な相場波乱となった場合、
こういうケースもあるということを
理解しておきましょう。

企業価値で投資する投資家にとっては、
目眩ましであり、惑わされてはいけない
相場の華の例になると思います。

ちなみに連続ストップ高の日本記録もマネーゲームでした

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ