株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<3197>すかいらーく再上場と株価、株主優待、売り出しの深い関係


発掘チャート
すかいらーくの再上場からベイル全株売却までの株価チャート

今回はファミレス大手で優待株として
人気のすかいらーくの株式売り出し
について考察してみます。

発掘チャート<3197>すかいらーく

すかいらーくは再上場前は、
筆頭株主ベインキャピタル
95%を保有する筆頭株主でしたが、
再上場から約3年で全株を売却しています。

■月足チャート(2014年10月-2019年1月)すかいらーくの再上場からベイル全株売却までの株価チャート

■ベイン売り出し株数
2014/10/09 ベイン6481万株(33%)
2015/06/01 ベイン3206万株(16%)
2017/03/28 ベイン2143万株(11%)
2017/06/15 ベイン2550万株(13%)
2017/11/22 ベイン3894万株(20%)
※日付は売り出し価格の決定日
■株主優待3倍増額の詳細
100-299株 2,000円→6,000円
300-499株 6,500円→20,000円
500-999株 11,000円→33,000円
1000株以上 23,000円→69,000円

その売り出しには、株主優待によって、
需給をコントロールして値崩れを防ぐ手法が見られます。

パイオニアもまた、すかいらーく同様に海外ファンド傘下になりました。
果たして業績を立て直して復活上場することができるでしょうか?

ベインによる売り出し経緯

すかいらーくの株主優待は、
6月と12月が権利取りになっていて、
株価が上昇しやすい傾向があります。

第1回 2014/10/09 再上場による売り出し

再上場時に約33%を売り出しました。

第2回 2015/06/01 追加売り出し

株主優待権利取りの6月に被せる形で、
16%を売り出しました。

第3回 2017/03/28 追加売り出し

株主優待を3倍に増額し、
株価が急上昇したタイミングを狙って
翌月11%を売り出しています。

第4回 2017/06/15 追加売り出し

高利回りの株主優待が人気となり、
その権利取りの6月に被せる形で、
続けて13%を売り出しています。

第5回 2017/11/22 全株売り出し

さらに権利取りの12月に被せる形で、
11月に20%を売り出しています。(全株放出)
これで2017年だけで3回目の売り出しとなり、
需給が崩れて株価も調整しました。

需給と株価の関係

すかいらーくの場合は、
筆頭株主が早期売り抜けを図ったため、
供給が需要を上回る形となり、
配当+株主優待で高利回りだったにも関わらず、
株価はそれほど上昇しませんでした。

優待込みで高利回りなのに需給が崩れる理由は、
大口投資家にメリットがない株主優待の特殊性です。
保有100-1000株までの株主には高利回りですが、
例えば100,000株保有の優待価値は1/100。
2000万株以上の売り出しで小口投資家の買いが
追いつかなければ、株価は崩れます。

ただし、全株放出後は、じり高となり、
再上場後の高値を更新しています。

株価の短期上昇を狙った投資家は、
失敗したことになりますが、
優待目的で買った投資家には、
悪くない結果だと思います。

そのほか、破綻後に再上場を果たした人気優待株にJALがあります。

スポンサーリンク

今後の見通し

株主優待のある外食チェーン株は、
理論株価より割高な水準まで買われ、
人気化する傾向にあります。

■主要外食チェーンのPBR比較
ココイチ 4.6倍
マクドナルド 4.5倍
ゼンショー 4.5倍
スシロー 4.1倍
コメダ 3.5倍
すかいらーく 2.7倍
吉野家 2.1倍
※2019年1月現在

人気は、配当+株主優待のお得度
業績がミックスされているようです。

すかいらーくはベイン売り出しによる
需給悪化の経緯があり、お得度からみて、
まだ上昇余地はありそうです。

ただし、業績があまりよくない場合は、
人気も抑えられるようですので、
業績はチェックしていきましょう。

2019年12月期は増収減益の見通しで、
配当は38円→19円に減配予定となっています。
優待についてもリスクはありそうです。

優待の改悪に注意

注意点としては、株主優待が3倍に増額されたのは、
ベインの売り出し価格を上げるためだったということです。
現在はもう、その必要はなくなりましたから、
万が一、株主優待が改悪された場合には、
大幅下落の可能性もありますので注意しましょう。

関連リンク

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ