株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<4753>ライブドア粉飾決算事件とマネックス証券の暴走


発掘チャート
ライブドアショックから上場廃止までのライブドアの株価チャート

今回は2006年1月に発生した
ライブドア粉飾決算事件と
その影響について振り返ります。

ライブドアショックまでの流れ

ライブドアの堀江貴文氏は、
ITバブルで成功した起業家、
カリスマ社長として、投資家はもちろん、
お茶の間にまでホットな話題を提供し、
一躍脚光を浴びていました。

■ライブドアが話題になった主なニュース
2004年8月 プロ野球球団買収事件 (楽天に敗れる)
2004年12月 ライブドア株100分割事件 (15連続ストップ高)
2005年2月 ニッポン放送への敵対的買収事件 (失敗)
2005年8月 郵政解散の後、事実上の自民党候補(無所属)として衆議院選出馬 (落選)

また、個人投資家の人気を集めたライブドアは、
豊富な資金力を背景に多くの企業を傘下に収めていきました。

■2006年のライブドアグループの上場企業
3746 メディアエクスチェンジ
3777 ターボリナックス
4759 ライブドアマーケティング
7602 ライブドアオート
8901 ダイナシティ
9937 セシール

例えば、ライブドアはジャックHD株式の51%を取得し、2006年元旦に名称をライブドアオートに改めています。(皮肉なことに、そのすぐ後で粉飾決算が発覚しました)

ライブドアといえば、やはり100分割事件が有名ですね。

発掘チャート<4753>ライブドアショック

2006年1月16日。証券取引法違反容疑で
東京地検特捜部がライブドアに強制捜査に入ります。

ライブドアは、企業価値増大を目的として、
赤字決算を大幅な黒字決算に粉飾
株価を不正に吊り上げたうえで、
市場から新たな資金を調達したり、
経営陣が持株を高値で売却するなど、
投資家から巧妙に資金を騙し取っていました

通常の粉飾決算は企業の窮地を救うために、
経営陣が悪事に手を染めるのが典型ですが、
ライブドアの場合、個人投資家を騙す目的で
計画的に行われており、非常に悪質でした。
(大企業の不正と比べ金額的に小さいとはいえ)

翌日、ライブドア関連株は軒並みストップ安となり、ライブドアが上場していたマザーズ市場は10%を超える暴落となりました。

■ライブドアショックの推移
2006/01/16 東京地検特捜部が証券取引法違反容疑でライブドアを強制捜査
2006/01/17 午前。ライブドアショック。
2006/01/17 午後。マネックスショック。
2006/01/18 東証の全銘柄が取引停止
2006/03/13 ライブドア上場廃止決定

■4753 ライブドア日足チャート(2006年)ライブドアショックから上場廃止までのライブドアの株価チャート
■4759 ライブドアマーケティング日足チャート(2006年)ライブドアショックから上場廃止までのライブドアマーケティングの株価チャート
■7602 ライブドアオート(現カーチスHD)日足チャート(2006年)ライブドアショックから上場廃止までのライブドアマーケティングの株価チャート

ライブドアショックは当初、新興市場が中心で、東証1部に大きな影響はありませんでしたが、マネックス証券を震源とする事件により、市場全体に波及します。

マネックスショック

 マネックス証券がライブドアグループ各社の株を予告なく担保価値ゼロとしたことにより、ライブドア関連株を担保に信用取引していた投資家は、新興株が暴落する状況で、入金するか強制売却かの選択となり、翌朝には個人投資家の大量の売り注文から、東証が全銘柄の取引停止する大混乱になりました。

ライブドアショックの類似例としは、サンバイオショックがあります。
どちらもマザーズ時価総額1位から連続ストップ安を記録しました。

スポンサーリンク

ライブドアショック後の日本

堀江貴文氏は、懲役2年6ヶ月の有罪判決となり収監、ライブドアは上場廃止となり、グループは解体されました。

例えば、LINEはライブドアが韓国系企業に買収された後、スマホアプリで成功を収め上場した企業です。

ライブドアショックまで、日本の社会や市場は、
IT企業や新興企業に比較的寛容でしたが、
この事件や村上ファンド事件をきっかけに、
排他的、閉鎖的な傾向が強くなり、
新興市場は長い低迷を余儀なくされます。

政治では、自民党が下野して民主党政権が誕生。
リーマンショックや東日本大震災など悪いことが重なり、
アメリカから大きく遅れ、中国の台頭を許すことになってしまいます。

ライブドアのライバルといえば、やはり楽天でしょうか。
プロ野球参入時には、ライブドアと争って勝利しました。

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ