株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<6773>世界初技術のパイオニア最高値から株価100分の1で終幕


発掘チャート
星空とクルマ。道は星に聞くイメージ画像

今回は経営危機が注目されたなか、
外資ファンド傘下で再建を図ることになり、
2019年3月26日で上場廃止となった
パイオニアの株価チャートを紹介します。

技術のパイオニア

パイオニアといえば技術主導型企業
イメージがありますね。

先進的な製品を次々と発売し、
高価格・高機能なブランドとして
マニアの人気を集めていました。

・オーディオ機器
・レーザーディスク
・GPSカーナビ
・プラズマTV

2009年に社運をかけたプラズマTV事業が頓挫した後は、
カーナビ事業に経営資源を集中していましたが、
スマホの地図アプリとの競合から大苦戦。
外資傘下で再現を図ることを選択しました。

高機能・高性能ブランドの終焉は、
奇しくも平成元号下での年度受け渡し最終日
1つの時代の終わりを感じます。

パイオニアが上場廃止となるのは、
ファンドの100%子会社となり、
上場基準を満たさなくなるためで、
倒産ではありません。

発掘チャート<6773>パイオニア

数々の名製品を生み出した
パイオニアが最も輝いたのは、
やはり、1990年6月。

世界初のGPSカーナビ
発売した時でしょう。

星空とクルマ。道は星に聞くイメージ画像

道は星に聞く

先進性、新規性、メッセージ性・・・
はっしゃんが個人的に
最も感銘を受けたキャッチフレーズがコレです。
当時、まだ大学生ですが(笑)

■パイオニアの年足株価チャート(1987年-2019年)最高値から上場廃止までのパイオニアの株価チャート


■主な出来事
1990/06/21 世界初GPSカーナビ発売
2006/04/19 フルHDプラズマTV発売
2009/03/01 プラズマTV事業が大赤字
2018/12/10 外資ファンド傘下入り
2019/03/26 上場廃止
■株価推移
1990/06/29 6,570円
2009/03/10 82円
2018/12/10 62円
2019/03/26 65円

パイオニアの株価は、カーナビ発売後に
ムーブメントを巻き起こし、
1週間後には6,570円の最高値を付けます。

バブル相場が崩壊していく過程の逆行高。
素晴らしい輝きでした。

パイオニアは平成初頭に最も輝き、平成の終わりに退場したことになります。

スポンサーリンク

パイオニアと経営危機

その後は、2009年にプラズマTV事業の大赤字から
経営危機が表面化。株価も82円まで沈みます。

パイオニアの失敗は、技術主導企業であるがゆえの
得意分野への偏向集中の繰り返しでもありました。
残念なことであります。

この時は、プラズマTV事業を売却して凌ぎましたが、
立て直しを図ったカーナビ事業でも失敗し、
2018年12月には、株価62円の最安値を記録します。

■パイオニアの日足株価チャート(2018年11月-2019年3月)上場廃止決定後のパイオニアの株価チャート

結局、その後、外資系ファンドへの第三者割当増資と
既存株の買い上げ、上場廃止スケジュールが発表されました。

最後の株価は、この買い上げ価格66.1円より1円安い
65円で終幕となりました。
ちょうど最高値から100分の1での退場劇でした。

道は星に聞くから30年・・・
さらば、パイオニア

外資傘下から再上場を果たした銘柄の1つに「すかいらーく」があります。

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ