株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。様々な銘柄の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<7211>三菱自動車の株価を20年で10分の1にした4回の不祥事


発掘チャート
三菱自動車リコール隠し再発時の株価チャート

2度のリコール隠し事件前、
三菱自動車は、トヨタ、日産、ホンダ
に次ぐ国内第4位のメーカーでしたが、
度重なる不祥事で顧客離れが相次ぎ、
企業価値は事件前の10分の1。
バブル期の30分の1に縮小しています。

発掘チャート<7211>三菱自動車

リコール隠し事件

三菱自動車1回目のリコール隠しは内部通報により発覚しました。
運輸省が2000年7月に内部通報の情報を元に抜き打ち検査を実施。
リコール制度の発足から30年以上にわたって欠陥を隠蔽したり、
公表せずにヤミ修理を行っていた実態が明らかになりました。
その数は、乗用車、大型車合わせて69万台

このリコール隠し事件で、社長が辞任に追い込まれたほか、
国内販売台数も急減。資本提携先のダイムラー・クライスラーから
エクロート氏を迎え入れて再建を図ることになりました。

1回目のリコール隠し事件での株価は、
 発覚前:462円 (2000年7月 現株価では4620円)
 発覚後:311円 (2000年9月 現株価では3110円)
発覚前月から最大32.7%の下落となっています。
この段階では多くの国民が、体制が一新され、
改善されるだろうと思っていたわけです。

■月足チャート(2000年5月-2000年9月)三菱自動車リコール隠し事件時の株価チャート

※株価チャートは株式併合による補正を反映しています。

2002年1月、三菱トラックのタイヤが外れて、
通りがかりの母子3人に激突。
母親が死亡するという痛ましい事故が発生します。

2002年10月には、三菱の大型車がブレーキ操作不能に陥り、
運転していた男性が自損事故で死亡するという事故も発生。

これらの事故に対して三菱サイドは、
ユーザー側の整備不良と主張していましたが、
構造的な欠陥が原因であることが突き止められ、
74万台にのぼる再度のリコール隠しが発覚しました。

1回目のリコール隠しは、乗用車部門が中心で、
2回目のリコール隠しは、大型車が中心でした。
1回目の時点で運輸省が監査に入ったのは、
乗用車部門だけだったので、未監査の大型車部門は、
従来通りの不正を続けていたわけです。

この異常事態に、ダイムラー・クライスラーは、
支援の打ち切りを発表してエクロート氏は辞任。

さらに、2004年5、6月には死亡事故に関する
業務上過失致死傷で三菱自動車関係者が相次ぎ逮捕され、
三菱自動車も起訴されることとなります。

三菱自動車は、倒産の危機に陥りますが、
三菱重工などの三菱グループが支援を表明し、
最悪の事態を免れることになりました。

2回目のリコール隠し事件で株価は、
 高値:350円 (2000年4月 現株価では3500円)
 安値:72円 (2004年8月 現株価では720円)
最大79.4の下落となっています。

■月足チャート(2003年8月-2004年9月)三菱自動車リコール隠し再発時の株価チャート

※株価チャートは株式併合による補正を反映しています。

再発当初、三菱自動車は疑惑を否定しており、
株価もいったん上昇している点が特徴ですが、
事態の深刻化で一気に大幅下落に転じました。

はっしゃんの友人が1名、重工に勤務していますが、
三菱のクルマを購入して三菱自動車を支えていました。
同じような人は、たくさんいるはずです。
三菱は生き残りましたが、エアバッグ暴発事故のタカタは倒産に至りました

燃費不正事件

燃費不正事件は、三菱から軽自動車のOEM提供を
受けていた日産が燃費数値の異常に気づいて発覚しました。

燃費データはメーカーが走行試験を行った結果を
国交省に提出することになっていますが、
三菱自動車は、過去の実験データを流用するなど、
不正な手口で燃費をよく見せていました。

不正は、走行試験を委託された子会社で行われており、
実際の性能と比べ過大な目標を要求された子会社が、
窮して行ったことが判明しています。

■月足チャート(2014年1月-2018年12月)三菱自動車燃費不正事件での株価チャート

本来はクルマの性能を上げなければならないのに、
子会社に燃費責任を押しつけていたことになります。

この不祥事で三菱自動車の株価は三度目の暴落。
今度は、日産傘下として出直すことになります。

燃費不正事件で株価は、
 発覚前:843円 (2016年3月)
 発覚後:412円 (2016年4月)
発覚前月から最大51.1%の下落となっています。

ゴーン会長不正事件

カルロス・ゴーン会長の不正事件については、
下のコラムでまとめています。

カルロス・ゴーンの逮捕により、ルノー・日産・三菱自動車のアライアンスは最大の危機を迎えました。

前科3犯の三菱自動車は、日産の後ろ盾で
信用を担保している状況です。
ルノーを含む3社との関係次第では、
株価も影響を受けることでしょう。

ゴーン会長不正事件で株価は、
 発覚前:711円 (2018年10月)
 発覚後:658円 (2018年11月)
発覚前月から最大7.5%の下落となっています。

三菱自動車の不祥事まとめ

2000/07/06 リコール隠し発覚 (内部通報)
2000/07/18 リコール隠し事件 (運輸省監査)
2002/10/19 トラック暴走事件 (運転手死亡)
2003/10/24 母子3人死傷事件 (母親死亡)
2004/03/11 リコール隠し再発
2004/04/22 ダイムラークライスラー支援打ち切り
2004/05/06 三菱ふそう前会長ら7人逮捕、法人起訴
2004/06/10 三菱自動車元社長ら6人逮捕、法人起訴
2016/04/20 燃費不正事件 (走行試験子会社の不正)
2018/11/19 ゴーン会長逮捕 (日産での不正)
■月足チャート(1999年1月-2018年12月)三菱自動車の20年株価チャート

不正体質の改善は非常に難しい

三菱自動車の一連の事件は、
不正体質の改善が非常に難しい
ことを示しています。

「ウソを付いてはいけない」
「ズルをしてはいけない」
のは、当たり前の事ですが、
都合のよいウソは信じてしまう
ようです。

三菱自動車だけが不正体質を
克服できなかったのではありません。

同じ自動車業界では、
SUBARUや日産自動車でも
完成車検査の不正が再発しています。

不正再発は致命的な経営ダメージ
となる恐れがあります。

三菱自動車の場合は、20年で4回の不祥事により、
株価は10分の1まで縮小しました。

不正の前科を持つ企業への投資は、
再発リスクを十分考慮せねばなりません。

関連リンク

スポンサーリンク

参考書籍

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

ブログランキング

この記事をシェアする

スポンサーリンク

関連記事