株ブログ はっしゃん式 投資研究室


株式投資の考えをレポートやコラム、プログラムにまとめています

スポンサーリンク

成長株を買うなら決算発表の時期をお薦めする理由


投資コラム

決算発表シーズンになりましたね。

業績次第で、株価が大きく動く時期ですが、
成長株を買うなら、お薦め時期でもあります。

今回は、決算発表時期の買いの
利点について考えてみます。

決算期に買う理由

成長株投資では、原則として
いつ買ってもよいものですが、
時期を選ぶとすれば決算期に買うのが、
いちばん合理的です。

■決算期に買うメリット
・株価が業績に連動して動くため、需給に惑わされにくい
・決算結果から失敗・成功を判断しやすい
・成功した場合、含み益が乗って長期保有に移行しやすい
・失敗した場合、ただちに損切りして、次につなげやすい
■決算期に株を買うデメリット
・失敗した場合、通常時より損失が膨らむリスクがある

いかがでしょうか?

初心者の場合は、それなりの授業料が
必要になることもありますが、
その分、勉強にもなると思います。

こちらのコラムでは決算分析の具体的な手法やツールを紹介しています。

株価が業績に連動しやすい

決算期は、特に株価が業績に連動して、
動きやすい時期になります。

上方修正でストップ高
下方修正でストップ安

などの大きな値動きを
しばしば見かけると思いますが、
業績変化を織り込んで、
株価が水準訂正されています。

成功・失敗が分かりやすい

株価と業績が連動するため、
失敗か成功かの判断がしやすく、
成功しても失敗しても
勉強になります。

特に初心者の場合は、
再現性を検証できるので、
失敗も貴重な経験になります。

トランプ氏の発言1つで株価が
乱高下する時に買って一喜一憂しても
あまり勉強にはなりません。(笑)

成功した場合、長期保有しやすい

決算前に買って成功すると、
株価が上昇して含み益になりますので、
そのまま長期投資に移行しやすくなります。

短期投資の場合でも確定して
回転させやすくなるでしょう。

失敗した場合も損切りしやすい

逆に失敗した場合でも、
理由がはっきりしていて、
期待値と逆に動きますので、
損切りの決断がしやすくなります。

ただちに損切りして、
次につなげやすいと言えます。

理由が分からず、損切りを迷うよりも、
判断しやすい方が再現性も高く
学習効果も得られやすいですよ。

損切りについては、こちらのコラムも参照してみてください。

値動きは大きくなりがち

デメリットとしては、
市場コンセンサスと差があった場合、
値動きが大きくなりがちな事。

大きな利益につながる可能性もありますが、
損失が膨らむリスクもある点には注意が必要です。

理論株価を計算すると成長をイメージしやすくなります。

四季報から決算発表までの流れ

四季報を活用する

決算期の少し前には四季報
発売されるようになっています。

1Q決算前:夏号
中間決算前:秋号
3Q決算前:新春号
 本決算前:春号

四季報発売から決算発表にかけて、
成長が期待できそうな投資先を探す
というのが定番の方法です。

四季報を速読して投資先を探す方法は、こちらで詳しく紹介しています。

四季報から決算発表までの流れ

・四季報発売後から投資先候補をピックアップしておきます
・決算発表前に候補銘柄に投資します
・成功すれば含み益になると思うので、そのまま長期ホールドします
・失敗すれば直ちに損切りし、次の候補を探します
・保有株の決算業績をチェックしながら見守ります
・そのまま成長が続く限り、何年でも投資し続けます
投資先企業の探し方については、ランチェスター戦略がおすすめです。

スポンサーリンク

長期保有ルーティン

エントリーに成功して長期保有に入った場合は、
年4回の決算で企業価値を確認するルーティンになりますので、
決算期に投資判断するサイクルが当たり前になります。

つまり、保有銘柄の継続・売りを判断しつつ、
平行して新規銘柄の買いも検討してく。
この流れを習慣化していきましょう。

長期投資の秘訣については、こちらのコラムもご覧ください。

ブログランキング

この記事をシェアする

スポンサーリンク

関連記事