株ブログ はっしゃん式 発掘チャート

賢者は歴史に学ぶ。様々な銘柄の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

<4592>サンバイオ・ショック再生医療への過剰な期待と崩壊の悲劇

calendar

reload

<4592>サンバイオ・ショック再生医療への過剰な期待と崩壊の悲劇

今回は現在進行中で、2019年1月30日のマザーズ市場暴落の
震源となったサンバイオ・ショックについて考えてみます。

スポンサーリンク

再生医療ベンチャー

サンバイオは、再生細胞薬の開発を手がける
創薬ベンチャーで2015年4月マザース上場。

脳梗塞や外傷性脳損傷に有効性があるとされる
再生細胞薬SB623の開発、臨床試験を進め、
大日本住友製薬を開発パートナーとして、
米国および日本での承認、販売を目指しています。

脳梗塞や脳損傷により脳細胞が破壊されてしまうと、
命をとりとめても半身不随などの重い後遺症が残り、
既存医療での回復は困難です。

後遺症患者数
 脳梗塞:日本123万人、米国680万人
 外傷性脳損傷:日本100万人、米国530万人

再生細胞薬SB623は損傷部に注入することで、
破壊された細胞を再生、脳機能を修復・回復させることが、
米国フェーズ1/2a試験で有意性ありと認められており、
本試験(2b)の結果が注目されていました。

脳梗塞におけるSB623臨床試験の米国プロセス(日米個別に実施)
・フェーズ1試験
・フェーズ2a試験 ← ここまで通過して2015年上場
・フェーズ2b試験 ← 2017年末に投与を完了し結果待ち
・フェーズ3試験
・承認・販売
2試験までは少数の患者、3試験では多数の患者を対象とする

また、SB623は患者の細胞を培養する自家移植ではなく、
ドナー細胞を培養するため大量生産が可能で、
臨床試験に合格すれば、ビジネス的な成功はもちろん、
脳梗塞や脳損傷の後遺症に苦しむ患者にとっても、
画期的な新薬となることが期待されていました。

ノーベル賞という触媒

このような状況で2018年10月1日、
がん治療薬オプシーボの開発者である
本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞
というニュースが報道され、日本中が沸き立ちました。

第2の小野薬品を探せということで、
バイオ株が好意的に捉えられました。
これがバブルの触媒になったと思われます。

バイオセクターは過去にも、そーせい、アキュセラなどが
急騰・急落を演じ、ハイリスク株というコンセンサスがあります。

そして、ノーベル賞報道から1ヶ月という最高のタイミングで、
 2018年11月2日 SB623が日米で外傷性脳損傷の本試験(フェーズ2)に合格
のニュースがリリースされました。

外傷性脳損傷におけるSB623臨床試験のプロセス(日米グローバル試験)
・フェーズ1試験 ← 免除(脳梗塞で確認済み)
・フェーズ2試験 ← 有意性あり合格
・フェーズ3試験 ← 再生医療推進法により日本では免除申請が可能
・承認・販売
※SB623は脳梗塞、脳損傷の2ラインで臨床試験を実施

外傷性脳損傷の合格により、SB623は、

外傷性脳損傷
 日本では早期承認制度により申請承認後、販売が可能
 米国ではフェーズ3試験入り
脳梗塞
 米国でのフェーズ2b結果待ち

という状況になり、成功を先取りしたバブル相場がスタートしたわけです。

発掘チャート<4592>サンバイオSB623バブル

 サンバイオ株は、合格リリース後、4連続ストップ高となるなど急騰し、2ヶ月間で4.1倍まで上昇しました。
 ピーク時の時価総額は6330億円。メルカリの2倍近い水準となり、マザーズ市場全体の10%超を占めるまで膨らんでいました。

■日足チャート(2018年9月-2019年1月)
SB623の外傷性脳損傷フェーズ2試験合格後のサンバイオの株価チャート
■サンバイオ4連続ストップ高
2018/11/01 3685円 日米で外傷性脳損傷フェーズ2試験に合格
2018/11/02 4385円 +700円ストップ高(+19.0%)
2018/11/05 5090円 +705円ストップ高(+16.08%)
2018/11/06 6090円 +1000円ストップ高(+19.65%)
2018/11/07 7090円 +1000円ストップ高(+16.42%)
2019/01/21 12,730円 発表前の4.1倍

医薬品セクター時価総額ランキング

 創薬ベンチャーは、当たれば莫大な利益が見込めますが、失敗すればゼロ。
 社員数わずか8名で、売上5億円・赤字の会社が、大手製薬会社を凌ぐ時価総額になっていたわけですから、夢のある話だと思いますが、さすがに過大評価ではないかと思います。

2019年2月1日現在 (単位:億円)
1. <4502> 武田 68860
2. <4519> 中外薬 37499
3. <4503> アステラス 33509
4. <4568> 第一三共 28254
5. <4523> エーザイ 25540
6. <4578> 大塚HD 25460
7. <4507> 塩野義 21847
8. <4528> 小野薬 12701
9. <4151> 協和キリン 12014
10. <4506> 大日本住友 10254
11. <4581> 大正薬HD 10042
12. <4508> 田辺三菱 9527
13. <4967> 小林製薬 6482
14. <4592> サンバイオ 6330 ※ピーク時
14. <4536> 参天薬 6229
15. <4587> ペプドリ 5694
16. <4530> 久光薬 5396
17. <4516> 日本新薬 4953
18. <4527> ロート 3482
19. <4592> サンバイオ 2839 ※2/1(3連続ストップ安)時
20. <4521> 科研薬 2548
21. <4555> 沢井製薬 2473
22. <4540> ツムラ 2460
23. <4534> 持田薬 1971
24. <4592> サンバイオ 1847 ※2/4(4連続ストップ安)時
24. <4552> JCRファ 1829
25. <4547> キッセイ 1544
26. <4569> キョーリン 1501
27. <4553> 東和薬品 1317
28. <4549> 栄研化 1062
29. <4541> 日医工 1046
30. <4559> ゼリア新薬 961
31. <4593> ヘリオス 829
32. <4565> そーせい 779
33. <4548> 生化学 699
34. <4551> 鳥居薬 695
35. <4554> 富士製薬 563
36. <4563> アンジェス 452
37. <2160> ジーエヌアイ 443
38. <4875> メディシノバ 409
39. <4577> ダイト 359
40. <4514> あすか薬 344
41. <4517> ビオフェル 287
42. <4550> 日水薬 264
43. <4574> 大幸薬品 247
44. <4538> 扶桑薬 234
45. <4579> ラクオリア 222
46. <4595> ミズホメディ 202
47. <4564> OTS 188
48. <4597> ソレイジア 159
49. <4588> オンコリス 155
50. <4571> ナノキャリア 152
51. <4582> シンバイオ 146
52. <4584> ジーンテクノ 144
53. <4539> ケミファ 136
54. <4576> DWTI 130
55. <4598> デルタフライ 121
56. <4594> ブライトパス 113
57. <4596> 窪田製薬HD 102
58. <4572> カルナバイオ 102
59. <4512> わかもと 94
60. <4524> 仁丹 88
61. <4557> 医学生物 87
62. <4591> リボミック 64
63. <4570> 免疫生物研 60
64. <4583> カイオム 59
65. <4585> UMN 47
66. <4556> カイノス 40
67. <4558> 中京医薬 34
68. <4575> CANBAS 27
69. <3670> 協立情報通信 22

サンバイオ・ショック

SB623バブルの熱狂は、
 2019年1月30日 米国で脳梗塞フェーズ2b試験の主要項目が未達成
のリリースであっけなく崩壊します。

中核だった脳梗塞フェーズ2bの失敗により、SB623は、

外傷性脳損傷
 日本では早期承認制度により申請承認後、販売が可能
 米国ではフェーズ3試験入りも脳梗塞の失敗により暗雲
脳梗塞
 フェーズ2b試験に失敗で戦略練り直し

となり、サンバイオは、
SB623によって限りなく成長が約束された会社から、
成長見通しが立たない会社へと転落してしまいました。

■月足チャート(2015年4月-2019年2月)
上場からSB623バブル崩壊までのサンバイオの株価チャート
■サンバイオ4連続ストップ安
2019/01/29 11,710円 米国で脳梗塞フェーズ2b試験の主要項目が未達成
2019/01/30 8710円 -3000円ストップ安(-25.62%)
2019/01/31 7210円 -1500円ストップ安(-17.22%)
2019/02/01 5710円 -1500円ストップ安(-20.80%)
2019/02/04 3710円 -2000円ストップ安(-35.03%) ※値幅2倍
2019/02/05 2620円 -1090円(-29.38%) ※値幅2倍

マザーズ市場の時価総額10%超を占めていたサンバイオの暴落は、
市場全体に波及し、1/30のマザーズ指数を8%以上押し下げました。

2/4までで4日連続ストップ安となりましたが、
2/5には売買が成立し大商いとなりました。

フェーズ2b試験結果発表前から2/5までの下落率は、
-77.6%となりました。

参考書籍

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマン・ショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

YouTube

ブログランキング

ブログランキング順位を確認する
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

この記事をシェアする

プロフィール

はっしゃん

はっしゃん

50歳代エンジニア兼業投資家。月次情報と理論株価の分析をライフワークに、ストレスのかからない「スロートレード」を実践しています。 [詳細]