株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<7564>20年で株価50倍!ワークマンの成長余地と上限株価


発掘チャート
ワークマンの理論株価チャート

ワークマンの時価総額が
マクドナルドを抜いて
新興市場で最大となりました。

2019/10/15日現在の
時価総額は約7500億円。

ワークマンの成長の軌跡と
今後の成長余地について
考えてみましょう。

成長の軌跡<7564>ワークマン

ワークマンの知名度といえば、
一般消費者には、3-4年前まで
ゼロに近かったのではないでしょうか。

増収増益基調の成長株でしたが、
成長率が特に高いわけでもないので、
投資家にもそれほど注目されては
いなかったと思います。

そもそもが職人向け作業服店ですが、
高機能+低価格で面白いアイテムが
揃っているショップということで
ネットで少しずつ話題となり、
2018年9月5日、ららぽーと立川立飛に
オープンした新業態ワークマンPlusから
ブレイクした経緯は、みなさんもご存じでしょう。

■ワークマン月足20年チャート(1999年11月-2019年10月)ワークマンの20年チャート

株価はワークマンPlusの期待が高まった
2018年から急上昇となっていて、
なんと20年で50倍です。

ワークマンの理論株価と成長の軌跡

株価50倍のワークマンですが、
はっしゃんがデータ分析をしはじめた
2005年3月期からの16年分の
業績と株価の推移をみてみましょう。

■ワークマンの予想経常利益の推移
2005年3月期 3,114百万
2006年3月期 3,375百万
2007年3月期 4,278百万 ※600店舗
2008年3月期 5,300百万
2009年3月期 5,670百万
2010年3月期 4,850百万
2011年3月期 4,750百万 ※700店舗
2012年3月期 5,820百万
2013年3月期 8,440百万
2014年3月期 9,060百万
2015年3月期 10,170百万
2016年3月期 9,900百万 ※800店舗
2017年3月期 10,450百万
2018年3月期 11,290百万 ※ワークマンPlus1号店オープン
2019年3月期 12,380百万
2020年3月期 16,300百万

16年間で減益が3回ありますが、
リーマンショックなどによる一時的なもので
安定した利益成長が続いています。

■ワークマンの理論株価チャート(2004年5月-2019年10月)ワークマンの理論株価チャート
■16年前との比較
 予想経常:4.9倍 (3,314百万 → 16,300百万)
 理論株価:11.5倍 (392円 → 4540円)
   株価:31.5倍 (293円 → 9240円)

16年前は、理論株価より低かった株価は、
理論株価と連動して右肩上がりに上昇していき、
2019年に入ってからは、成長期待の高まりで、
理論株価の2倍以上まで上昇しました。

現在のROE水準(約20%)を維持しつつ、
利益2倍までの成長を織り込んだことなります。

期待先行でかなり割高に感じますが、
成長限界をどうみるかで評価は違ってきます。

平成最強だったユニクロ現象。月次300%で株価60倍の経緯を再現します。

ワークマンの成長余地と上限株価

ワークマンは今後1000店舗を目標として、
ワークマンPlus出店や既存店舗のワークマンPlus転換で、
さらなる成長を目指すようです。

既存店舗がローサイド中心なので、
ショッピングモールへの出店余地は大きそうですが、
1000店は、おおむね限界ラインでしょう。

アパレル店の成長限界

アパレルチェーンの場合、
1000店舗を超えたショップは、
ほぼ例外なく成長限界を迎え、
業績や株価もピークアウトする傾向にあります。

■アパレルチェーンの店舗数
しまむら 1430店
アダストリア 1255店 (全ブランド計)
ABCマート 1009店
西松屋 1008店
ハニーズ 867店
ワークマン 848店
ユニクロ 769店(国内)
無印良品 420店(国内)
GU 421店

例外が海外で成功したユニクロですが、
ハニーズのような失敗例もあります。

さすがに、ワークマンの海外進出までは、
まだ株価に織り込んでいないでしょう。

いきなり!ステーキも海外進出で急騰しましたが、短期間で失敗に終わりました。

上限株価の計算方法

仮に海外進出なしで上限1000店舗とすると、
ワークマンPlus業態で期待できる
売上、利益の上乗せ分を算出すれば、
理論株価を計算することができます。

例えば、現在の理論株価4540円は、
BPS821円、EPS161.1円、自己資本比率81.4%
で計算しています。
 
これを1000店舗達成でBPSとEPSが18%増加、
ワークマンPlusへの転換でEPS50%増加とすると、
BPS969円、EPS285円となります。
 
この条件で計算した理論株価が9325円ですから、
ここまでは、ほぼ織り込み済みです。
[ワークマン1000店舗の理論株価]

ここまで上げてしまうと、
妥当な上限株価は海外次第ですかね。
ベイシアグループとしても、
意欲は持っているようですし。

なお、上に振り切るまで上げるのも
市場の特性なので、天井確認までは、
ついて行ってもよいと思います。(笑)

ただ、上の例のように、業績予測を立てて、
その実現可能性を見ながら、
リスクを承知のうえで投資判断していく
ことが重要です。

理論株価電卓を使うと、3つの財務指標から理論株価を簡単に算出できます。

関連リンク

スポンサーリンク

参考書籍

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ