株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<7974>任天堂の株価とファミコン、スーパーマリオ、スーパーファミコン相場


発掘チャート
ファミコン発売時の任天堂の株価チャート

新型ゲーム機やキラーアプリと深い関係にある
任天堂の株価チャートを紹介します。

発掘チャート<7974>任天堂ファミコン&スーパーマリオ相場

ファミリーコンピュータは1983年7月発売
今から35年以上前のことになります。
当時、はっしゃんは中学生。

ドンキーコング、ドンキーコングJr、ポパイの3本が
同時発売され、ゲームファンから高く評価されましたが、
株価にも大きなインパクトを与えるものではありませんでした。
この時点では、まだ静かな立ち上がりといえるでしょう。

ゲームの歴史を変えることになるソフトが
キラ星の如く登場したのは2年後でした。
1985年9月スーパーマリオブラザーズ発売。

■月足チャート(1983年1月-1987年12月)ファミコン発売時の任天堂の株価チャート

※当時の任天堂は大証銘柄でしたが、株価チャートは東証市場のものです。
直近安値からのファミコン相場の上昇率:+553% (スーパーマリオ発売後)

キラープラットフォームの影にキラーアプリあり。
任天堂の絶頂期はスーパーマリオで幕が開きます。

世界のゲーム史上で最も売れたこのゲームは、
任天堂を一気に世界的ブランドに押し上げ、
株価を1年間で3倍に上昇させました。

さらに、5ヶ月後の1986年2月21日には、
ディスクシステムとゼルダの伝説が発売。
家庭用ゲーム機分野での地位を不動のものとしていきました。

大ヒットになったWii、ポケモンGO、Switch相場の解説はこちら。

発掘チャート<7974>任天堂スーパーファミコン相場

スーパーファミコンは1988年11月に発表され、
2年後の1990年11月に発売されました。
当初は89年7月の発売を予定していましたが、
開発が難航して1年以上延期された経緯があります。

株価は発表時には3300円付近でしたが、
期待感から2倍水準まで上昇。
さらに発売延期にもかかわらず上昇し続け、
発売前90年8月に25,000円付近で
大天井となりました。上昇率は約8倍。

■月足チャート(1986年9月-1994年12月)スーパーファミコン相場の任天堂の株価チャート

※当時の任天堂は大証銘柄でしたが、株価チャートは東証市場のものです。
直近安値からのスーファミ相場の上昇率:+675%

1990年代の任天堂はスーパーファミコンで頂点を迎えますが、
その後はニンテンドウ64の失敗などで失速。
携帯型では、ゲームボーイやDSのヒットがありましたが、
プレイステーションで成功したソニーに主役の座を譲ります。

初代PlayStationは当初、任天堂との共同開発と発表されていました。
任天堂とソニーが宿命のライバルとなった浅からぬ因縁とは?

スポンサーリンク

任天堂の主要製品リリース日まとめ

1983/07/15 ファミコン
1985/09/13 スーパーマリオブラザーズ
1986/02/21 ディスクシステム・ゼルダの伝説
1989/04/21 ゲームボーイ
1990/11/21 スーパーファミコン
1996/02/27 ポケットモンスター
1996/06/23 64
2001/03/21 ゲームボーイアドバンス
2001/09/14 ゲームキューブ
2004/12/02 DS
2006/12/02 Wii
2016/07/06 ポケモンGO
2017/03/03 Switch
■任天堂の主要製品と30年チャート

任天堂の主要製品と30年チャート

※かつて任天堂は大証銘柄でしたが、株価チャートは東証データで作成しています。

関連リンク

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ