株ブログ はっしゃん式 発掘チャート

賢者は歴史に学ぶ。様々な銘柄の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スロートレード|投資研究室|発掘チャート|成長株長期投資

<3765>ガンホー、パズドラで株価100倍からの挫折とラグナロクM

calendar

reload

<3765>ガンホー、パズドラで株価100倍からの挫折とラグナロクM

ゲームセクターの株価が
乱高下することがよくありますが、
その元祖とも言える銘柄が、
パズル&ドラゴンズで一世を風靡した
ガンホーです。

発掘チャート<3765>ガンホー

パズドラの大ヒットで、2012年12月期のガンホーは、
経常利益が前年比6倍の驚異的な成長率を記録。
さらに翌年は9.6倍となり、2年で58倍まで膨張します。

■ガンホー月足チャート(2010年12月-2019年3月)
パズドラリリース以降のガンホーの株価チャート
■ガンホー経常利益の推移
2011年12月期 1,545
2012年12月期 9,355 (+505.5%)
2013年12月期 90,104 (+863.1%)
2014年12月期 93,524 (+3.8%)
2015年12月期 72,606 (-22.4%)
2016年12月期 46,081 (-36.5%)
2017年12月期 34,351 (-25.5%)
2018年12月期 26,659 (-22.4%)
2019年12月期 13,089 (+108.7%) ※1Qまで

そして、パズドラ公開から1年3ヶ月で株価100倍。
上昇期間としては、
 2012/06/15 16円 (分割補正後)
 2013/05/14 1633円
と、わずか11ヶ月で100倍の快挙を達成しました。

パズドラのあゆみ

パスドラiOS版リリースは約7年前。
パズドラ以前はGREEやMobageの携帯ゲームが中心で、
AppStoreやGooglePlayでのスマホゲーム配信は、
まだまだ少数でした。

その中で単純なパズルとRPG要素、ガチャ要素を
組み合わせたパズドラが大ヒットとなり、
携帯からスマホへ流れが大きく変わります

2012/02/20 iOS版リリース
2012/07/15 100万ダウンロード
2012/09/18 Android版リリース
2013/03/09 1000万ダウンロード
2013/10/14 2000万ダウンロード
2014/07/29 パズドラWリリース
2014/08/15 3000万ダウンロード
2015/12/21 マルチプレイ対応
2016/03/17 パズドラレーダーリリース
2017/03/23 3人マルチ対応
2017/07/19 ガチャで景品表示法違反
2018/11/02 5000万ダウンロード

スマホ画面を手で触って遊ぶという
特徴的なパズドラの操作は、
携帯からスマホへの過渡期だった当時、
スマホへの橋渡しの役割も果たし、
ヒット番付にもランキングされるなど、
大きな社会現象となりました。

グローバル市場失敗の教訓

株価ピーク時、ガンホーの時価総額は1.5兆円。
短期間ではあるものの、あの任天堂を上回り、
ゲーム専業で国内首位のポジションに君臨しました。

YouTubeでゲーム動画の配信が流行したり、
ゲーム攻略サイトが人気になるなど、
周辺ビジネスにも大きな影響を与えています。

もっとも、ガンホーの業績ピークは2014年でしたが、
株価ピークは2013年5月で終焉となりました。
期待された海外市場での苦戦が、
ガンホーとパズドラの壁となりました。

スマホゲームは海外展開が容易ですが、
パズドラは海外で成功できませんでした。
ガチャ依存しすぎたゲームシステムが、
海外で支持されなかったのが一因です。

パズドラの功罪を述べるのはまだ早いかもしれませんが、
スマホゲームの先駆者としては評価されるべきでしょう。
しかし、GREE、Mobage時代から問題視されていた
ガチャシステムをいち早くスマホ展開しただけとも言えます。

先行者利益により、1000万単位のアクティブユーザーを得た
ガンホーですが、ピークを過ぎると売上は徐々に低下。
業績も減収減益が続く状況となり、
株価は1633円を頂点に下げ続けています。

絶好の機会がありながらグローバル市場を攻略できず、
ガラパゴス市場での成功に留まってしまったことは、
日本のゲーム業界にとって、むしろ不幸でした。
国内でパズドラに続くスマホゲームはガチャばかり。(笑)

結局、パズドラはスマホゲーム創成期において、
日本というガラパゴス市場でガチャ要素により、
成功を納めた特殊なケースと言えるでしょう。

世界戦略なくしてパズドラの壁は超えられないでしょう。

スポンサーリンク

ラグナロクMについて

2019年1月に入ってからラグナロクM(日本名ラグナロク マスターズ)が
海外でヒットしつつあるという材料で株価が上昇に転じています。

業績的にも2018年4Qから回復に転じており、
2019年1Qは営業利益が前年同期比2.1倍となるなど、
パズドラ復調とラグナログMの期待が重なる形です。

そして、2019年6月5日からラグナログM日本版サービス開始
発表されました。
株価は先行期待で上昇していましたので、
今後は、業績への貢献インパクトで
変わってくると思われます。

■ガンホー週足チャート(2017年-2019年)
ラグナロクMリリース前後のガンホーの株価チャート

ラグナロクMについて

ラグナロクMイラスト
「ラグナロクオンライン」は、ガンホーが「パズドラ」のヒットで一躍有名になる前に主力としていたPC向けMMORPG(多人数参加型オンラインRPG)で、現在でも多くの愛好者がプレイしている名作です。
「ラグナロクM」は、ラグナロクオンラインのモバイル版というコンセプトで開発され、世界各国で順次配信が開始されています。
■ラグナロクMリリース状況
・2017年10月 台湾、香港、マカオ
・2018年3月 韓国
・2018年10月 東南アジア (タイ、フィリピン、インドネシアなど11カ国)
・2019年1月 北米、南米、オセアニア
・2019年6月 日本
東南アジアでは、一時売上1位を獲得するなど、海外での滑り出しも上々のようです。
■ラグマス公式サイト ラグナロク マスターズ
 https://ragnarokm.gungho.jp/

グラビティ社について

「ラグナロクM」の開発・運営は、韓国のゲーム会社グラビティが手がけており、グラビティ社は、現在はガンホーの連結対象子会社(出資比率52.4%)になっています。

グラビティ社は、ナスダック市場に上場しており「ラグナロクM」への期待から株価も上昇傾向です。

■グラビティ週足チャート(2017年-2019年)
grvy-min

世界規模での大ヒットとすることになれば、
かつての株価復活もあるかもしれません。
夢がありますね。

関連リンク

参考書籍

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

・ブラックマンデー(1987年)
・バブル相場(1989年)
・ITバブル(2000年)
・NYテロ(2001年)
・リーマン・ショック(2008年)
・東日本大震災(2011年)

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

プロフィール

はっしゃん

はっしゃん

50歳代エンジニア兼業投資家。月次情報と理論株価の分析をライフワークに、ストレスのかからない「スロートレード」を実践しています。 [詳細]