株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<9437>NTTドコモの営業利益1兆円と時価総額日本記録42兆円


発掘チャート
上場直後のNTTドコモの株価チャート

スポンサーリンク

今回は、1998年10月22日の上場から
8ヶ月で時価総額日本一となり、
日本企業の時価総額最高を記録している
NTTドコモの株価チャートを紹介します。

動画版公開

動画がお好みの方はこちらをごらんください。

発掘チャート<9437>NTTドコモ

NTTドコモの公募価格は390万円。
(分割修正後で1560円)
初値は460万円の17.9%高でスタートしました。
(分割修正後で1840円)

その後、ITバブル期にかけて上場後2年足らずで
株価は高値9140円と5倍超まで上昇しました。

2000年2月のピーク時に記録した時価総額42兆円は、
2020年4月末のトヨタの約2倍で、日本企業の歴代最高記録です。(2020年9月現在)

ちなみにITバブル当時のドコモの時価総額は
世界ランキングでも5位相当でした。(2000年3月)

1.54.8兆円 マイクロソフト
2.54.7兆円 シスコシステムズ
3.52.5兆円 GE
4.45.2兆円 インテル
5.40.3兆円 NTTドコモ
6.35.0兆円 ボーダーフォン
7.27.9兆円 エクソンモービル
8.25.9兆円 NTT
9.25.9兆円 ウォルマート
10.25.3兆円 ノキア

時価総額日本記録とi-mode

当時は、ITバブルのピークであり、
IT企業の株価が次々にバブル化していましたが、
NTTドコモのような超大型株がこれだけ上昇したのには、
それなりの理由があります。

■日足チャート(1998年10月-2006年12月)上場直後のNTTドコモの株価チャート

※分割後の株価に補正されています

1999年2月、上場後まもなく
サービスを開始したi-modeが大ヒットとなり、
ドコモの株価を押し上げました。

スマホ全盛の今ではi-modeといっても
ピンとこない方も多いかもしれませんが、
ドコモを時価総額日本一に導いたのは、
i-modeだったことは言うまでもありません。

なお当時のドコモの時価総額は
世界ランキングでも5位に相当

親会社のNTTも上場直後は大人気で、当時の時価総額世界一を記録しています。

スポンサーリンク

i-modeと営業利益1兆円

ドコモが携帯電話のサービスとして提供した
i-modeの簡易メールと簡易ブラウザ機能は、
日本に世界の先駆けとなってモバイル文化の
華が開く大きな役割を果たしました。
(初代iPhone発売から8年も前のことです。)

i-mode以前の携帯電話は音声通話のみで
テキスト情報を送ることはできませんでした。
(数字をやりとりできるポケベルは別にあった)

i-modeは携帯電話の小さい画面で、
(文字数などの制限がありながら)
メールとWebサイト閲覧を可能にし、
ポケットに入れて持ち歩ける携帯電話+ネット端末として、
爆発的なヒット商品になりました。

同時期、MicrosoftがWindowsのモバイル版を模索するなど、
世界レベルでモバイル競争の幕が開いていましたが、
ドコモが実用化&収益化1番乗りになったわけです。

i-mode以前の携帯電話会社は、
通話料収入減の解消が大きな課題
となっていました。
音声通話だけの携帯電話は、
インターネットメール等と競合し、
苦戦を強いられていました。
(ノートパソコン+モバイルモデムと競合)

i-modeは、通話料収入に依存していた同社に、
パケット通信料収入という新たな収益源をもたらし、
2002年3月期には日本企業として初めて
営業利益1兆円を達成します。
(この時はもうITバブルは崩壊していましたが)

ITバブルの時価総額42兆円というのは、
世界展開の夢も含まれた株価だと言えます。
(2020年4月末の株価は当時の4分の1以下)

ITバブルの象徴

NTTドコモはITバブルの象徴として
よく取り上げられます。

携帯電話でメールやブラウザが使えた
i-modeは世界をリードしていましたし、
マイクロソフトのように世界制覇できるのでは?
とも思いました。iPhoneが出るまでは。

ITバブルを象徴する6銘柄を比較したコラムはこちら。

その後のNTTドコモ

世界標準も期待されたi-mode規格でしたが、
残念ながらグローバル市場では苦戦しました。

日本の携帯電話はガラパゴス化とも呼ばれる
独自の進化を続けていましたが、
そうこうしているうちに2007年になり、
アップルから初代iPhoneが登場します。

ボーダフォンを買収したソフトバンクグループは、
iPhoneの国内販売を独占してドコモを猛追。
KDDIもこれに続いてドコモの地位は
相対的に低下していくことになります。

■月足チャート(1999年2月-2019年1月)NTTドコモの20年株価チャート

※分割後の株価に補正されています (補正前株価)

シェアの変動が落ち着いてくると、
キャリア各社は高収益化を暗黙の了解とし、
国民から割高な通信料を搾取し続けるという
現在の状況に繋がっていきます。

もっとも、各社は株主還元には積極的で、
成長ピークが過ぎると、増配や自社株買いで株主に利益をもたらしました。
(2020年4月末現在でドコモの配当利回りは約4%と高水準です。)

このような中、2018年末に政府意向への忖度もあり、
ドコモが通信料値下げを発表、このドコモショックから、
親会社のNTTを含む通信各社の株価は急落しますが、
収益の大幅悪化を回避して株価も回復しました。

その後、2020年のコロナ・ショックでは、
外出自粛など社会生活が大きく変わる中で、
テレワーク普及のメリットが市場で注目され、
逆行して高値更新するなど存在感を発揮しました。

NTTによる完全子会社化

2020年9月、NTTは子会社NTTドコモをTOBにより完全子会社化すると発表しました。
TOB成立後、ドコモは上場廃止となります。

親会社NTTの左遷先に過ぎなかったポケベル子会社が、モバイルコミュニケーション革命というイノベーションを達成し、利益でも親会社を超えたとこと。
(そのNTTはかつて時価総額世界一に君臨していました)

NTTドコモが成し遂げた奇跡のような成功物語は、日本経済のなかでも戦後最大のサクセスストーリーの1つじゃないかなと思います。
後にiPhoneで一世風靡したAppleの成功ですら、その延長といえるかもしれません。

あの時の株価は、今いくら

NTTドコモのTOB価格は3900円。
初値は1840円ですから2.1倍。

分割前のIPO価格の460万円で購入して
長期投資していたらイグジットで975万円。

22年間で2.1倍と考えると、
10倍以上になっている成長株はたくさんありますから
ちょっと残念な結果だと言えます。

一時的はGAFAMに匹敵する企業となる
可能性もあっただけに。

それでもまたNTTドコモのように、
投資家に世界の夢を見せてくれる
日本企業の登場を願いたいものです。

成長株投資で成功するために成長の戦略を学ぶことは有用です

関連リンク

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ