株ブログ はっしゃん式 発掘チャート


賢者は歴史に学ぶ。株式市場の記憶に残る名場面を株価チャートで再現して振り返る懐古的株ブログ

スポンサーリンク

<1989.04.01>消費税3%導入から30年の歴史を振り返る


発掘チャート
消費税導入後の日経平均株価30年チャート

4月1日は30年前に
消費税が導入された日です。

今回は、消費税と日経平均株価30年の
関連について考察します。

発掘チャート<1989.04.01>消費税と日経平均株価

1989年12月29日大納会。
日経平均株価はバルブ相場ピークを記録し、
市場規模は世界一。

世界の時価総額上位は、
日本企業が独占していました。

あれから30年。。。

■日経平均株価の月足チャート(1987年08月-2019年03月)消費税導入後の日経平均株価30年チャート

消費税と平成バブル崩壊

1989年4月に導入された消費税は、
同年末をピークとしたバブル経済の崩壊や
その後の失われた20年と深い関わりがあります。

消費税は増税前の駆け込み需要が期待できる反面、
増税後の消費冷え込みが内需不振をもたらし、
経済低迷要因となってきたのです。

実際、過去データを見ても、
消費税と日経平均株価の相性は、
あまりよくありません。

1989.4.1 消費税3%導入
 × 12月でバブル経済崩壊
 
1997.4.1 消費税5%増税
 × 11月に拓銀、山一連鎖破綻
 × 翌年長銀、日債銀も破綻で金融危機
 
2014.4.1 消費税8%増税
 ○ アベノミクス効果で影響なし
 
2019.10.1 消費税10%増税

1989年の消費税導入はバブル経済を崩壊させ、
失われた20年と呼ばれる低迷の主因となります。

1997年には、橋本内閣が景気が低迷する中、
消費税5%増税を強行した後、
日本経済はまさかのハードランディングとなり、
大手証券会社や都市銀行が連鎖破綻。
メガバンクとして再編されるも、
国際的地位は大きく低下しました。

2014年はアベノミクスが好調だったこともあり、
大きな混乱はありませんでした。

拓銀や山一証券の破綻は消費税5%増税のわずか半年後に発生しました。

スポンサーリンク

直接税から間接税へ

国際競争力向上のためには、
・法人税の減税
・消費税の増税
のセットで、直接税から間接税へのシフト
は必須でしょう。

しかし、消費税後の日本経済は、好調な輸出に対して、
内需の低迷に足を引っ張られる構図が続き、
その悪影響は否定できません。

最近は、訪日外国人の増加から、
内需にも復調の兆しが見られますが、
消費税10%への増税が悪影響とならないか、
注視する必要があるでしょう。

消費税10%を乗り切るために

2019年10月の10%増税では、

1.東京オリンピックによる経済活性化
2.軽減税率の導入による負担軽減
3.キャッシュレス決済でのポイントキャッシュバック

などの経済対策により、乗り切る考えのようです。

増税直後の1-2年を耐えることができれば、
なんとかなると考えていると思われますが、
果たして、うまく事が運ぶかどうか。

市場環境は逆風

2018年以降、米中貿易摩擦が激化し、
2018年12月には米国市場が大幅下落。
日本市場も連鎖的に大幅安となるなど
景気見通しに先高感は全くありません

株価動向や長短金利スプレッドからも、
リセッション入りが示唆されている
このタイミングでの増税で、
果たして大丈夫なのか?
という疑問が大いにあります。

安倍首相はリーマン級の事態にならない限り
予定通りに増税すると言っていますが、
難しい舵取りを迫られることになるでしょう。

いずれにせよ、消費税イベントの後、株価は大きく動いています。
次に出るのは、天使のシナリオか、それとも悪魔のシナリオか。

スポンサーリンク

あとがき

私たちは株価チャートを
結果から見て評価する傾向にありますが、
実際の相場は現在進行形ですから、
当時の業績や市場期待、需給を投影した
株価チャートは貴重な実録データです。

「賢者は歴史から学ぶ」といいます。
今も昔も株式投資の基本コンセプトは
「将来、値上がりしそうな株を買う」
ということで同じですから、
過去を知るということは、
未来を知ることに通じると思います。

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ピックアップ