株ブログ はっしゃん式 投資研究室


株式投資コラムや分析レポート、自作プログラムを公開するITエンジニアの株ブログ

スポンサーリンク

ROEが高いとなぜ理論株価は高くなるのか


投資コラム

はっしゃんです。

今回のテーマはROEです。
一般にROEが高いほど理論株価は
高くなります。

PBRやPERを理解している人には
当たり前のことですが、
これを株初心者向けに分かりやすく
説明してみたいと思います。

こちらのコラムでPERやPBRとROEの関係を説明しています

スポンサーリンク

ROEをお弁当屋さんで説明する

お弁当屋さんが、
200円の弁当を仕入れて
400円で売るとします。

弁当店Aでは20万円の資本金を元手に
1000個の弁当(元手いっぱい)を仕入れて販売しました。
全部売れると売上は40万で利益は20万です。

弁当屋A
 元手:■■ 20万
 仕入:■■ 20万
 販売:■■■■ 40万
 利益:■■ 20万

ここまでは、分かりますね。
次にもう1つのケース。

弁当店Bも20万円の資本を元手に
A店の2倍、2000個の弁当を仕入販売しました。
(資本の2倍なので足りない分は借金や後払いです)
全部売れると売上は80万で利益は40万です。

弁当屋B
 元手:■■ 20万
 仕入:■■■■ 40万
 販売:■■■■■■■■ 80万
 利益:■■■■ 40万

同じ元手20万でB店の利益はA店の2倍です。
B店は借金や売れ残りリスクもあるけど、
ビジネスとしては儲けは大きいわけです。

資本に対する利益をROEで説明すると

A店は元手20万、利益20万でROE100%
B店は元手20万、利益40万でROE200%

となります。

なお、実際のROEは諸経費を引き算
するので、もっと低くなります。

ROEの計算式
 ROE(%) = 利益/資本×100

ところで、あなたが投資家だったとして、
どちらの弁当屋さんに出資したいでしょうか。

Bの方が成長スピードが速くなりますが、
コロナのような想定外の出来事に弱い
ということも考えなければなりません。

ROEで成長速度を比較する

では、A店とB店がチェーン店を出すとすると、
どちらの店がどのくらい成長スピードがはやいか
シミュレーションで比較してみましょう。

得られた利益をすべて資本金に回して
元手を増やすとします。

最初に得られた利益は
 A店:20万
 B店:40万
でしたから、次回の元手に組み入れると
 A店は20万+20万で2倍の40万
 B店は20万+40万で3倍の60万
となります。

さらに仕入れの量は、
 A店は元手いっぱいで40万
 B店は元手の2倍まで60万x2=120万
と、3倍の差になりました。

弁当屋A
 元手:■■■■ 40万
 仕入:■■■■ 40万
弁当屋B
 元手:■■■■■■ 60万
 仕入:■■■■■■■■■■■■ 120万

B店が成長スピードが速く
どんどん差が開いていきますね。

このように業績が黒字で成長段階にある場合、
ROEが高いほど成長スピードが速くなります。

だから高ROE企業は将来の期待値が高くなり、
株価も高くなる傾向があるわけです。

はっしゃん式理論株価では、
このようなROEの成長スピードを評価して
次の計算式で事業価値を計算するようにしています。

事業価値 = EPS×ROA×財務レバレッジ補正×150
 ※ROA×財務レバレッジ = ROE

単純にROEが2倍になれば事業価値も2倍
になるというわけですね。

増収増益でもROE低下で売られる理由

さて、ここまで分かれば成長株が
増収増益にもかかわらずROEの低下
(ほとんどの場合で成長鈍化)
で売られる理由も分かりますよね。

高成長だった弁当屋Bさんが
成長の踊り場になってしまい
弁当屋Aさん並になってしまうと
Aさんの3倍速で成長する前提で
買われていた投資家さんはどうする?
って話ですね。

はっしゃんが成長株の決算を点ではなく
時系列の連続した線で考えるようにしている
のもこのような視点からでもあります。

ご参考になれば幸いです。

株を長くホールドするために必要な3つのこと

スポンサーリンク

株初心者のためのランチェスター戦略

はっしゃんの投資心得10ヵ条

この記事をシェアする

はっしゃんの本

Amazon/楽天ブックス

10/21新刊!予約受付中new!

決算書「3分速読」からの”10倍株”の探し方決算書「3分速読」からの”10倍株”の探し方

Amazon/楽天ブックス

増刷3版!四季報の速読法はこちら

はっしゃん式成長株集中投資はっしゃん式成長株集中投資

はっしゃんのSNS

ピックアップ